WEB懐徳堂
HOME
NAVIページ
WEB懐徳堂とは
新着情報
懐徳堂入門
懐徳堂の果たした役割
懐徳堂の歴史
懐徳の人々
懐徳堂物語


平成の懐徳堂
懐徳堂文庫データベース
懐徳堂電子図書目録
懐徳堂と中国古典の世界
参考資料
懐徳堂リンク集

懐徳堂入門

懐徳堂の人々

町人学者

山片蟠桃(やまがたばんとう)
1748〜1821

 江戸中・後期の大坂の町人学者。本名は長谷川有躬。播磨国印南郡神爪(かづめ)村に生まれ、宝暦10年(1760)に升屋(ますや)別家(べっけ)(使用人がのれんわけを許され独立した家)の伯父・久兵衛の養子となり、升屋本家に奉公を始めました。本家の当主は蟠桃を懐徳堂に通わせ、蟠桃は中井竹山(なかいちくざん)と履軒(りけん)とを生涯の師と仰ぎました。後に升屋本家の支配番頭として活躍し、大名貸(だいみょうがし)として成功しました。
 主著『宰我(さいが)の償(つぐない)』(履軒の意見により『夢ノ代』(ゆめのしろ)と改題)において、実証的で合理的な思考に基づく独自の思想を論じました。その内容は、天文・地理・歴史・法律・経済など多方面に及び、中でも徹底的な無鬼論(むきろん)が有名です。
 なお、蟠桃の業績にちなんで、日本文化の国際通用性を高めた優秀な著作とその著者を顕彰する「山片蟠桃賞」が設けられています。


メニューに戻る

上に戻る

NAVIページ |  WEB懐徳堂とは |  新着情報 |
懐徳堂入門 |  平成の懐徳堂 |  懐徳堂文庫データベース |
懐徳堂電子図書目録 |  懐徳堂と中国古典の世界 |  参考資料 |  懐徳堂リンク集 |