WEB懐徳堂
HOME
NAVIページ
WEB懐徳堂とは
新着情報
懐徳堂入門
懐徳堂の果たした役割
懐徳堂の歴史
懐徳の人々
懐徳堂物語


平成の懐徳堂
懐徳堂文庫データベース
懐徳堂電子図書目録
懐徳堂と中国古典の世界
参考資料
懐徳堂リンク集

懐徳堂入門

懐徳堂の人々

町人学者

富永仲基(とみながなかもと)
1715〜1746

 江戸中期の大坂の思想史家。懐徳堂を創建した五同志の一人である道明寺屋吉左衛門(どうみょうじやきちざえもん)(富永芳春)の三男。三宅石庵(みやけせきあん)に学びました。
 儒家思想を歴史的に批判した『説蔽』(せつへい)(亡佚)を若くして著述。そのために石庵に破門されたといわれますが、事実かどうかは不明です。後に仏教研究に取り組み、その成果を『出定後語』(しゅつじょうこうご)にまとめました。また『翁の文』(おきなのふみ)を著し、日本においては神仏儒の三教とは別の「誠の道」を尊ぶべきことを説きました。その学問は、思想の展開と歴史・言語・民俗との関連に注目した独創的なもので、後発の学説は必ず先発の学説よりもさかのぼってより古い時代に起源を求めることを指摘した「加上説」(かじょうせつ)が有名です。


メニューに戻る

上に戻る

NAVIページ |  WEB懐徳堂とは |  新着情報 |
懐徳堂入門 |  平成の懐徳堂 |  懐徳堂文庫データベース |
懐徳堂電子図書目録 |  懐徳堂と中国古典の世界 |  参考資料 |  懐徳堂リンク集 |